クランベリーには2種の効果がある

クランベリーには2種の健康効果があり、サプリメントなどに使われています。 抗酸化作用がある点が、クランベリーの魅力です。 活性酸素が増えないように体に影響を与えるのです。 クランベリーの実は芯まで真っ赤なのです。 アントシアニンとプロアントシアニジンという2種類のポリフェノールが、クランベリーを赤くしています。 そのため、クランベリーの実を原材料にしたサプリメントは、活性酸素を抑止する抗酸化作用があるのです。 クランベリーの抗酸化作用がある成分は、膀胱炎、尿道炎をはじめとした様々な感染症予防に役立つと考えられています。 抗酸化作用の期待できるクランベリーは、多くのサプリメントに利用されています。 クランベリーには殺菌抗菌作用のある成分も含まれています。 体の中に蓄積されたいらない成分を出したり、体に服影響をおよぼす成分を殺菌する作用は、クランベリーに存在するキナ酸が有効です。 肝臓で代謝されたキナ酸は馬尿酸という酸性の物質になり、尿が酸性に保たれることで感染菌の増殖が抑制されます。 クランベリーは抗酸化作用と殺菌抗菌作用という2種類の特色があります。 これらによって、膀胱や尿道での細菌の働きを妨げてくれるのです。 クランベリーのこれらの成分を利用したサプリメントに人気があるのも十分に納得がいきます。

抗菌作用や殺菌作用が強い

クランベリーがサプリメントによく使われるのは、抗菌作用や殺菌作用が強いためです。 サプリメントでクランベリーを取り入れる際の心がけたい点はいくつかあります。 サプリメントは薬局で処方される薬とは違い食べ物のグループに入るので、治療効果が得られるものではありません。 クランベリーのサプリメントに限らず、ほとんどのサプリメントは数日程度摂取しても、すぐに体に変化が現れるわけではありません。 何ヶ月かは飲み続けることが重要なポイントとなります。 クランベリーは、日本ではあまり馴染みのない食品です。 海外、特にアメリカでは食品として利用されてきた歴史が長く、常識的な摂取量の範囲では安全性が高いと言われています。 サプリメントに対し全般的にいえることてして、過剰に飲み過ぎることで体に良くない効果がでる可能性は存在します。 用量を守って正しく摂取してください。 クランベリーのサプリメントだけでなく、サプリメントを病院から処方された薬と同時に摂取する時は、薬との飲み合わせに問題がないかあらかじめチェックしておくことです。 尿路感染症治療中の方や再発防止目的の方は特に、必ず医師に相談の上、服用するようにしましょう。 より健康的な体質を目指すためにも、殺菌抗菌作用があり、抗酸化作用も強いクランベリーサプリメントを活用しましょう。